Press "Enter" to skip to content

節電をしたいエアコンの使用を減らしたいときの工夫のひとつ壁面緑化

壁から伝わる暑さを考えた方が良い

夏は暑いのは当たり前ですが、しかし室内にまで暑いというのは我慢できないことですよね。そもそもどうして室内が太陽に照らされている室外よりも高くなってしまうのか、それは熱というものは目に見えない形で室内には大量に入り込んでいるためです。太陽からの熱い光のエネルギーが壁に当たると熱を発生するのですが、その熱が壁を温めてそれが室内に入りこんできます。照り返しの量が多ければ大きいほど光の熱エネルギーも大きくなるので、室内はとても暑くなるのです。

壁に当たる量を少なくすれば室内の温度を下げられる

室内が熱くなるのは窓や壁に熱を発生させる光エネルギーが当たるためで、逆に考えればこの光エネルギーの量を減らすことが出来ればいいわけですよね。その方法としてはすだれだったちカーテンだったりするわけですが、これは室内の窓の熱を少なくするだけで壁には効果がないです。壁の熱を防ぐためにはどうしたらいいのか、そこで考えられたのが蔓植物の生態をうまく利用した壁面緑化です。壁面緑化は壁に網状に網を敷いて、その網に沿って蔓植物を絡ませていくことで一種のカーテンに様な役割を担わせるのです。

壁面緑化の効果は意外にも大きい

壁に蔓植物をからませてカーテンを作る壁面緑化、これまでは一部の過程でしか行われなかったのですが現在では実践する過程が多くなっていますよね。それはやはり理にかなっていることが大きいですよ。壁面緑化で日陰を多く作れば光エネルギーを分散できるので、室内の温度を下げることが出来るためエアコンの使用を減らすことが出来るのですよ。もちろん完全に熱を防げるわけではないのでつける必要もあると思いますが、、そのときにもエアコンの設定温度をあまり下げなくて済むので電気代が安くなります。なにより蔓植物を実の付くタイプにすれば、その果実を今晩のおかずにできるのでお得なのです。

壁面緑化には支柱などを使って蔓植物を育てて壁面を覆うようにする方法と、外壁に直接植栽する方法があります。