Press "Enter" to skip to content

相手の性格を把握してから!誕生日のお祝い

サプライズは相手を選ぼう

誕生日にはサプライズで思いきり祝ってあげたい、というタイプの人もいれば、サプライズされると喜んでみせるのが苦手で面倒だからいやだ、という人もいます。サプライズ好きな人にとっては、苦手という人の気持ちがわからないかもしれません。しかし感情表現が苦手な人はうれしくてもうまく喜んでみせることができず、心苦しく思ってしまいます。結果として相手を疲れさせてしまい、疎遠になるなどということもあります。恋人同士だとそれが理由で溝ができることもあります。

体調や気分でもサプライズが苦になることも

普段はサプライズが好きでも、落ち込んでいることがあったり体調が悪かったりすると心身ともに苦痛に感じることもあります。もし誕生日にサプライズを仕掛けたいなら、欲しがっていたプレゼントをそっと渡すとかケーキに名前をさりげなく入れておくなど、穏やかなサプライズがいいでしょう。クラッカーを鳴らしたりフラッシュモブのように大量の人を動かすような派手なサプライズだと逆に苦しめてしまうことがありますので注意しましょう。

相手の性格をよく知ってから

サプライズで誕生日を祝うというのは、自己満足にならないよう十分な注意が必要です。相手の性格をよく把握し、感情表現が苦手なら分かりやすい喜びや驚きのリアクションを求めないことです。サプライズを企画され、大勢の人にリアクションを求められて見つめられると困ってしまうタイプの人も、意外とたくさんいるものです。せっかくの誕生日ですから気を遣わせたり苦痛に思わせないよう、付き合いをある程度深めてから企画すると無難でしょう。

カップルにとって、誕生日のイベントは一年に一度の大イベントです。そこで重要なポイントはプレゼント選びでしょう。