Press "Enter" to skip to content

今でもマニアの間で人気!機械式時計ってどういうもの?

機械式時計は職人の手作業でつくられたもの

今では電池で自動に動く時計が多いですが、昔はゼンマイ式の時計が主流でした。今のように大量生産はできず、一つ一つが職人の手作り。部品となる歯車ですら手づくりだった時代もあったんですよ。毎日ねじを巻いて時間をセットし、驚くべきはその正確さ。手作りであるからこそ、匠の技がいきる。同じ型の時計がつくられたとしても、決して同じものにはならないんです。一つ一つ微妙な違いがあるところが、何とも言えない味わいを感じるんですよ。

自動巻きの時計が大流行した時代

自動巻きというのは、それまで毎朝手でねじを巻いていた腕時計が、身に着けているだけで自動的にねじが巻かれていくというものです。その当時、大きな革命的発明でした。人は歩くとき、無意識に腕を振って歩きますが、その無意識にできる振動を利用したもの。時計事態が高価なものでしたが、その中でも自動巻きの時計を持っていることが、当時のビジネスマンのステイタスでもありました。今は電池式の時計が主流ですが、自動巻きの場合は電池切れの心配がなく、今でもマニアが好んで使っています。職人の技術が素晴らしいですね。

高級ブランド時計に引けを取らないアンティーク時計

アンティーク時計はほとんど全てのものが中古品になりますが、それでもアンティーク時計によっては、新品の高級ブランド時計に引けを取らないほど価値を持っています。過去にどんな偉人が使用していたか、そうでなくても、アンティーク時計にはその時代を生きてきた人たちの歴史があります。百年以上経っていても職人の技術で何度も生き返り、今もなお動き続けているアンティーク時計は、古い機械式時計でありながらも大きな魅力があり、これからもマニアの心を惹きつけていくのでしょう。

ウブロの時計は、価格帯が手を出しやすい値段で尚且つ長年の使用にも耐えられる程しっかりとした作りになっている為、若い人から年配の方まで幅広い層に愛されています。